語彙帳に保存しておくことで、後で確認できます。


リスニング力を向上させるには、聴いて分かる単語の数を増やさなければなりません。専門用語で「理解語彙や認知用語彙」と言います。リスニング力が向上すると、会話に参加する自信が身につくので、スピーキング力の向上にもつながります。多くの教材では、伝統的な「辞書通り」の定義にしか出会うことができません。しかし、Jiveworldでは、こういった単語と文脈の中で出会い、文脈と場面に沿った適切な訳語も確認できます。言葉は生き物とよく言われます。そのため、ワードリストやフラッシュカードに頼った学習には限られた効果しかありません。


ストーリーを聴いていくと、緑色の下線が付いている単語が出てきます。これらの単語は、弊社の編集者が役立つ語彙や表現としてピックアップしたものです。



緑色の下線がついている単語をタップすると、定義が表示されると共に、その単語は自動的に語彙帳に追加されます。そこで語彙帳は各ユーザーにとっての「パーソナルリスト」となります。



定義を表示した単語を語彙帳の中で保存したくない場合、削除するタップしてください。

語彙帳を閲覧・復習するには、チャプターカードにある「語彙」と書いてある吹き出しアイコンをタップしてください。



タップすると、下記のように語彙帳に保存された単語が表示されます。



ページの上にあるドロップダウンメニューを使用すれば、同じ物語の別のエピソードで保存した語彙も合わせて確認できます。



今、語彙をレビューできるJiveworld独自の新しいレビュー機能を開発中ですが、それが出来上がるまでは、語彙帳で保存した単語をご確認ください。


効率的な言語習得をサポートする他の機能についての詳細情報はここで読めます。